強迫性障害で仕事が上手くいかない悩み

強迫性障害にはどの仕事がいいのか?

 

強迫性障害で就職や仕事は困難なのか?

強迫性障害を患っていてなかなか仕事が上手くいかず悩んでいらっしゃる方もいらっしゃると思います。必要以上の確認回数と不安に襲われながらストレスが溜まってしまってなかなか疲れが取れない日々が続いていませんか?
ひとつの物事や仕事をこなして達成したとしてもなにかと不安になり、達成感を感じる事も薄くなっていませんか?そういった事で転職してみようかな?仕事を辞めようかな?と考えたりする方は沢山いらっしゃいます。

 

仕事をしないと生活が出来ないのはもちろんですから簡単に動く事も出来ないのが原状だと思います。転職や仕事を辞める事は非常に労力が必要な事ですのでじっくり考える必要があります。私も強迫性障害をきっかけに仕事を辞めた事もありますし、転職経験もあります。その上でよかったことや悪かった事も沢山ありますのでその部分を中心に今回は記事にしていこうと思います。よかったら参考にしてみてください。

今の職場で仕事が出来る環境か見極める事がまず一歩。

今の職場で仕事をこなす上で続けられそうか、不安や確認作業で自分自身が疲れていないか?この現状は他人から見た判断ではなく自分自身でしか分からない事なのでこの部分はしっかりと把握するべきです。
この時注意が必要なのは『無理をする』『我慢する』が必ず抑制してしまいがちです。現状の状態では必ず不安や疲れは蓄積しますので無理や我慢は禁物です。強迫性障害を患っている皆さんは責任感が非常に強く、周りに迷惑を掛けたくない気持ちが先行して自分を犠牲にしてしまいます。
ですから自分の取り巻く環境への配慮や責任はひとまず置いてしっかりと自分自信の事をまずはしっかり考えて見ましょう。ぼんやりと自分がどうしたいのかは見えてくるはずです。そこからがアクションを起こす基盤になってきますので、時間をかけても全然問題ありませんのでしっかりとこの『自分自身はどうしたいのか』を頭の中でまとめる事が非常に重要になってきます。

私が描く会社の理想像と現実。

 

自分のこの先どうしたいか?という問いかけに答えはでましたか?どういった方向であれ現状では難しいと思った方が大半を占めると思います。

 

休職、転職、退職して休養など様々な解決方法がありますが、強迫性障害の仕事関連でインターネットなどで調べると休職を薦めるのが一般的で休職制度がしっかりしている会社であれば活用するべきでしょう。

ですが大小企業に関わらず取得できない、もしくは取得させてくれない場合はよくあることです。今までに何度か強迫性障害が悪化して仕事を見直した事があり休職を考えましたが人材不足や多忙期、そもそも上司に許可を得られないなど多くの壁が沢山ありました。でもそれが多くの企業の現実でしょう。

 

休職できない場合は諦めて退職するかこのまま続けるかの2択になってきますが、心身が基本で仕事が出来るわけですから無理はしないほうがいいでしょう。状態が悪くなればなるほど克服する時間はかかってしまいますし、最終的には仕事すら出来ない状態になってしまいます。

 

過去に毎月土日休みも返上で毎日恐ろしい時間のサービス残業で最終的には会社に出勤すら出来ない状態になりドクターストップを受け、1年間何も出来なかった状態になりました。

 

もちろん収入も1年間ゼロです。家族に支えてもらい乗り切れましたが、我慢や無理をすると転職や休養して強迫性障害を克服する余裕すらなくなってしまいますし、我慢や無理をすることで逆に家族に負担がかかってしまいます。やりがいのある仕事でしたし、自分の好きな仕事でした。だから続けよう。無理しても頑張ろうと続けた結果こうなってしまいました。

 

これを読んでいただいている皆さんには絶対に同じ思いをして欲しくはありませんので何度もお話しますが絶対に我慢や無理を責任感という自分の圧力に負けないように前向きにこれからの仕事の事を考えていただければ嬉しく思います。

強迫性障害の仕事や職種選びは非常にシンプルである。

強迫性障害の患者さんでも普通に仕事をこなしている方も沢山いらっしゃいます。よく強迫性障害に合った職業は?なんて検索してみたりすると、職人気質が強い仕事がこだわりが強い強迫性障害にはお勧めです。と書いてあるのを見かけたことがあります。

 

強迫性障害に合った職種は『周りがしっかりとサポートしてくれる職場』だとおもっています。ですから職種は自分がしたいことや出来る事を選べばよいという事です。社内の雰囲気や人間関係は入ってみないと何ともいえません。はっきり言えば運です。

 

福利厚生がしっかりしている。先輩や上司がフォローしてくれる。こういった環境こそ強迫性障害でも働きやすい職種といえるのではないでしょうか?もっと掘り下げて言ってしまえば強迫性障害にあった職種という考えではなくてやってみたい事をやればいいのです。
やる前やアクションを起こす前からいらぬ不安を抱えないでまずはやってみてから考えるのも重要なことですし、こういったやる前からの不安を抱く思考を切り崩すのも実は強迫性障害の思考の書き換えにも繋がっています。

 

無理はしない。同じ職種なら他の環境のいい企業も沢山ある。責任感が非常に強くその価値は貴重ですが、それをしっかり買ってくれる、評価してもらえる企業や先輩達も沢山いるはずです。
まずは体が一番ですから転職や休職を考えていらっしゃる方は是非前向きに取り組んでいただきたいと思っています。

 

 

関連ページ

強迫性障害という事を上司に報告するべきか?
会社で強迫性障害と知られたくないけど、業務に支障が出るから話すべきなのかお悩みではありませんか?私の体験談をお話しします!
強迫性障害が原因で仕事に悩んでいませんか?
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害と仕事のミスをどのように乗り越えるか?
強迫性障害が原因で業務中にミスを避けるために何回も確認したのに失敗。落ち込む前にこういった考えで進めていくのはどうですか?
仕事でのこだわりは「損失」にしかならない
強迫性障害患者さんは仕事で「こだわる」事が多いのですが、果たして本当にそのこだわりは必要なのか?色々な角度から検証してみます。
強迫性障害で転職する前にやるべき事
強迫性障害で仕事を辞めようか悩んでいる時に辞める前に何をすべきなのか?私の経験を踏まえて解説しています。
強迫性障害を乗り越えた私の仕事の現状
強迫性障害を乗り越えたら仕事にどう影響してくるのか、どうやったら克服できるのかを私の経験を綴っています。
強迫性障害は時間貧乏!?
読んで字の如く「時間が足りない」と感じた事はありませんか?皆良く思う事ですが特にそう思うのが強迫性障害でしょう。時間貧乏にならないためにはどうしたらいいのか解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ