強迫性障害で仕事に支障があるので上司に報告するべきか?

強迫性障害という事を上司に報告するべきか?

 

上司に相談する前にすべき事。

今の職場で働いていて強迫性障害を報告するべきなのか悩む事はありませんか?自分がこういった病気を患っていますとなかなか言い出せないと思いますし、調子が悪い時に心配をかけてしまうので非常に悩むところです。
会社の上司に自分の病状の事などを説明し、理解していただければの話ですが、症状が出たときにフォローしてもらうことも可能ですし、業務に対して負荷を軽減して配慮してもらえる事も考えられます。
問題なのは『理解してもらう事』がポイントになってきます。

 

強迫性障害はうつ病などと比べるとまだまだ認知度は低く、症状も把握されていない事が多いです。神経質、心配性などと片付けられてしまう事も実際多いと思います。なのでなかなか説明する事にも労力がいることで、結局諦めてしまう事が多いのではないかと思います。

 

まず報告する前に自分は会社にどうして欲しいのか?自分が置かれている現状についてしっかり整理してみることが報告する前の準備です。慌てて報告する必要はありません。

 

信頼している上司だから大丈夫!と思っている方もいらっしゃると思いますが、人間性と仕事は別です。不安にさせるような事をお話しますが、これは実際に体験した事ですので読んでみて下さい。

 

その分野では1.2を争う大企業に勤めていた話ですが、診断書もしっかり提示した上で、上司に仕事上の相談という事で持ちかけましたが相手にされないどころか馬鹿にされ『甘え』という一言で片付けられてしまった経験があります。
それから上司は一緒に働く社員にも精神疾患だと口外してしまい、同僚にも冷ややかで少し間合いの取られた対応をされて気付いたら一人だけでする簡単な仕事のみさせられた辛い思い出があります。

 

信頼している上司ですら手のひらを返したような差別的な態度や仕事での評価ですら落とされてしまう場合もあり得るという事です。
今思い返してみると部下の仕事の出来は上司の評価に繋がってきます。
仕事だけの信頼関係であれば、出来なくなったら切り捨てる。臭いものには蓋という考えだったのでしょう。人間として尊敬していましたし、信頼していたのでショックは大きかったです。
そもそもその企業は、代わりは腐るほどいるという社風でしたのでそこまで見抜けなかった自分も悪いんだと思っています。
本当に失敗したと後悔している部分ではありますが、もっとこうしておけばよかったなと気付く部分もありましたので次項でお話します。

相談するべき相手は同じ屋根の下の・・・

上司に相談や報告をする前にやる事。それは社内で仲の良い同僚や先輩に相談する事です。出来れば仲の良い同期やよくしてもらっている先輩で同じ部署ではないほうがいいでしょう。

 

同じ部署や上司だとどうしても人手不足や業務計画、実績などの利害が先行してしまうのでまともに聞いてくれる方は一握りではないかなと思います。仕事をしている上で人材としてみているので仕方がないのですが、出来れは一人の人間として相談を受けてくれるのは先程も言ったとおり部署が違う方のほうが利害を度外視してくれるのでおすすめです。

 

症状が酷く、仕事が全くと言っていいほど効率が悪くなってしまった私を拾ってくれたのは違う部署の先輩でした。今でも本当に感謝しきれないほどです。
病状が悪化した時でもすぐに辞めず、出来るだけ会社に迷惑のかからない期間を置いて退職できたのもその先輩がサポートしてくれたおかげですし、まずは上司に相談する前にそうだんするべきはこういった方々です。
仲間意識を持ってくれている方は絶対にいるはずですし、困った時はお互い様と思ってくれる方も絶対いるはずです。
こういった地盤をしっかりと作っていき、上司に相談、報告するほうが後々気持ち的に楽ですし、見極めは難しい事ですが他部署への引き抜きの可能性も広がります。
出来れば1つの企業で腰をすえたいのは皆同じ気持ちですがそのためには切り抜けるかがポイントになります。
是非信頼できる仲間を先に見出して後悔のないように薦めていただければと思います。

関連ページ

強迫性障害が原因で仕事に悩んでいませんか?
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害にはどの仕事がいいのか?
強迫性障害はどんな仕事が向いているのか悩んだ事はありませんか?強迫性障害で転職を繰り返した筆者のアドバイスはこちら!
強迫性障害と仕事のミスをどのように乗り越えるか?
強迫性障害が原因で業務中にミスを避けるために何回も確認したのに失敗。落ち込む前にこういった考えで進めていくのはどうですか?
仕事でのこだわりは「損失」にしかならない
強迫性障害患者さんは仕事で「こだわる」事が多いのですが、果たして本当にそのこだわりは必要なのか?色々な角度から検証してみます。
強迫性障害で転職する前にやるべき事
強迫性障害で仕事を辞めようか悩んでいる時に辞める前に何をすべきなのか?私の経験を踏まえて解説しています。
強迫性障害を乗り越えた私の仕事の現状
強迫性障害を乗り越えたら仕事にどう影響してくるのか、どうやったら克服できるのかを私の経験を綴っています。
強迫性障害は時間貧乏!?
読んで字の如く「時間が足りない」と感じた事はありませんか?皆良く思う事ですが特にそう思うのが強迫性障害でしょう。時間貧乏にならないためにはどうしたらいいのか解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ