強迫性障害の克服・商材、サプリメントの購入後のレビューや評価、検証

強迫性障害が原因で仕事に悩んでいませんか?

 

強迫性障害と仕事はどちらを優先すべきなのか?

日常生活にも支障の出やすい強迫性障害は仕事に対しても色々悩む事が増えませんか?
仕事が上手くいかなくて何度も確認作業をするようになり、作業時間も長くかかってしまい上司や同僚に迷惑をかけてしまうので長期休暇を取ろうかと思うとこれ以上会社に迷惑を掛けられない。転職出来る自信や好きな職種だから辞めたくない。辞めたら生活できなくなる。でもこのまま務められる自信がない。本当にどうしたらいいのかわからない。

 

こういった考えを毎日繰り返している方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?私も強迫性障害を患いながら仕事をしていた時は常にこういった事を思っていました。こういった事を悩んでいるのは私だけなのかな?と思った事があり、当時私以外の強迫性障害患者さんとお話しする機会があって聞いてみたのですが、やはり仕事で悩んでいる患者さんは多くいらっしゃいました。中には精神疾患という事だけで会社でいじめにあっているという方がいて簡単には生活がありますから辞められない。毎日が苦痛です。とお話ししてくださる方もいらっしゃいました。

 

仕事をしなければ生活出来ない。でも今の状況を打開できなければ仕事が出来ないという深い悩みを抱えている苦しみは痛いほど理解できます。私は強迫性障害をきっかけに退職、休養、転職は全て経験しています。後悔していることもありますし、やってよかったと思う事ももちろんあります。

 

今私のこの記事の前にいるあなたが仕事で悩んでいてこういった気持ちを抱えていたら少しでも前進できるように私の経験談を含みつつ、どう切り抜けたらいいのかを解説していこうかと思います。

周りの為ではなくまずは自分を優先にしてみる。

責任感、周りへの配慮、自分より仲間が大切だ!という気持ちはとても大切で仕事にとっては大きな武器になります。ですがその武器も今は必要ないんです。まずはどうするべきかをしっかりと受け止める事が大切なのです。どうしてもそういった考えを外してみると『周りがどう思うのか?どう私に感じるのか?』を考えてしまいますが、体が資本です。悪化してしまえば仕事への選択肢は確実に減ってしまいます。ですのでこの先自分が仕事に対しどうしていきたいのかを見つめ直す事も必要ですが、根本的にしなければいけないのは強迫性障害の克服を最優先に行っていくべきです。

 

退職してから、休養してから克服を目指す方もいらっしゃいますが出来れば一度周りの環境を変えずに取り組んでみるべきだと私は思います。理由は環境が変化してしまうと早く直さなければいけないという焦りがどうしても生まれてしまいますので克服に集中できなくなります。それと退職や休養というのは会社に届け出をしなければいけませんし、上司や同僚などにも報告や仕事の引き継ぎなど意外にも労力がかなり必要となりますのでこういった労力を使うのであれば先程お伝えした通り克服に注力すべきです。ある程度強迫性障害克服の兆しが見えてきてからアクションを起こしても遅くはありませんので今は考えるべきことではないのです。

 

 

気持ちに余裕が出来てきたらこう仕事の見方が変わる!

克服の方法は色々とあると思います。方法によっては時間を掛けて行うものもあると思いますが、共通していえる事は焦らず自分の事を優先に考えつつ集中して取り組んでいくというのが私が経験から得たコツです。私が実践した克服法で一番効果があったと実感できて中でも短期間だったのは【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムです。

 

参考記事>>【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムは本当に効果があるのか?

 

サプリメントはあくまで補助的な立ち位置で活用すべきだと考えていますし、投薬治療のみで克服は再発の可能性が高いのと数年間治療期間がかかります。カウンセラーによる認知行動療法は投薬治療と併用して行うと効果が高いのですが、費用、カウンセラーの質、患者の体調によって効果のばらつきが必ず起こります。

 

私は色々な克服方法を試した結果、本田式・強迫性障害改善プログラムに行きついて克服できたのですが、上記で書いたような経済的、心身的なデメリット(体調、焦り、長期間治療による本当に治るのかどうかという不安)が非常に少ない事から半信半疑の部分はありましたが返金保障の事もあり購入して実践しました。私の場合実践期間は約3か月ですが、他の治療から見れば相当早い段階で効果が実感できますし、克服にかける費用で考えれば相当安く済んでしまいます。

 

強迫性障害を機に退職、休養、転職を経験した事のある私にとってはこの商品で早く出会っていればこういった労力を無駄にしなくて済みましたし、もっと早く克服出来ていたのでは?と後悔したこともありますが、後悔するよりも意味のない不安から解放された喜びのほうが大きいです。是非仕事で悩むより先に克服をしてみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

強迫性障害という事を上司に報告するべきか?
会社で強迫性障害と知られたくないけど、業務に支障が出るから話すべきなのかお悩みではありませんか?私の体験談をお話しします!
強迫性障害にはどの仕事がいいのか?
強迫性障害はどんな仕事が向いているのか悩んだ事はありませんか?強迫性障害で転職を繰り返した筆者のアドバイスはこちら!
強迫性障害と仕事のミスをどのように乗り越えるか?
強迫性障害が原因で業務中にミスを避けるために何回も確認したのに失敗。落ち込む前にこういった考えで進めていくのはどうですか?
仕事でのこだわりは「損失」にしかならない
強迫性障害患者さんは仕事で「こだわる」事が多いのですが、果たして本当にそのこだわりは必要なのか?色々な角度から検証してみます。
強迫性障害で転職する前にやるべき事
強迫性障害で仕事を辞めようか悩んでいる時に辞める前に何をすべきなのか?私の経験を踏まえて解説しています。
強迫性障害を乗り越えた私の仕事の現状
強迫性障害を乗り越えたら仕事にどう影響してくるのか、どうやったら克服できるのかを私の経験を綴っています。
強迫性障害は時間貧乏!?
読んで字の如く「時間が足りない」と感じた事はありませんか?皆良く思う事ですが特にそう思うのが強迫性障害でしょう。時間貧乏にならないためにはどうしたらいいのか解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ