強迫性障害と仕事の悩みを乗り越える

強迫性障害を乗り越えた私の仕事の現状

 

強迫性障害を改善すれば「仕事の質と効率」は絶対に下がらない!

もう私が強迫性障害の症状から解放されて約3年程経ちますが快適に毎日を送っています。何十年も苦しめられてきた症状ですから当然かもしれませんが振り返ってみると「何でああいった症状で苦しんでいたのか?」と自分が行っていた行動や考えが今では理解しがたいと思えるほどです。

 

色々な改善方法を試して本当に遠回りした気分にもなりますが、結果改善できる方法に出会えたから今の自分があるのでいい経験だったのかな?と自分では感じています。

 

これは性格でしかないと諦めて20年以上苦しめられていた症状が、心身共に限界を感じて自分から改善しようと動いた結果、改善できたのですからあなたも改善できるはずです。自分から行動すれば絶対に結果はついてきます!私の人生の半分以上共にしてきた症状が短期間で改善できたのですから、決意と行動のみです!本当に生き生きと毎日生活できる日々が待っていますよ。

 

生活するためには当然の話ですが、仕事はお金を貰うために必ずしなければならない行動ですよね。毎日仕事でゲンナリしている場合は「仕事にしっかりと取り組めているか」を是非考えてみてください。

 

私は強迫性障害を患っていた時は毎日こう思っていました。

 

「仕事で何をやっても周りに迷惑かけていないか不安になる」
 
「自分の行った仕事に自信が持てない」
 
「毎日不安に押しつぶされそうになって仕事に行きたくない」

 

こんな考えで毎日続けていたら身が持ちません。もしこういう考えに共感してしまったのであれば、心身共にダウンする前に改善した方が絶対いいです。

 

タイトルにも書きましたが改善出来れば仕事の質と効率は絶対に下がらないどころか確実に向上します。これは私の実感と経験談ですが、私が強迫性障害を患いながらも仕事をしていた事がありますが、特に何か秀でている訳でもなく「ごく普通」の評価だったと思います。

 

私は毎日120パーセント毎日全力を尽くして仕事に取り組んでいた訳ですが上司からは「普通」としか評価されない訳です。何故毎日全力を尽くしても評価は「普通」なのかはお分かりいただけるかと思いますが、「自分に係わる仕事を納得のいくまで確認したり、不安を打ち消す行動をするので全力を尽くさないと普通の評価でも到達できない」という事です。
すごく勿体ない気がしませんか?この考えや行動が無くなれば全力を尽くさなくても絶対普通の評価以上を貰えるわけです。

 

だから改善出来れば仕事の質と効率は絶対に下がらないのです。むしろ効率が良くなるので高評価を貰える事だって容易です。現に私は強迫性障害を克服した後に中途採用された今勤めている会社で入社1年で役職をいただいています。もちろん部下もいます。しかも今まで経験した事のない職種なのですが成果をしっかり上げる事が出来て上司に評価をしていただけたという訳です。

 

改善出来れば仕事に対しても不安や心配などの後ろ向きの思考からどうやってもっと効率的に仕事をこなしていくかという前向きの思考にシフトできるようになります。

 

是非あなたの今の仕事の努力や頑張りが強迫性障害から解放されて「高評価」に繋がるように応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

強迫性障害という事を上司に報告するべきか?
会社で強迫性障害と知られたくないけど、業務に支障が出るから話すべきなのかお悩みではありませんか?私の体験談をお話しします!
強迫性障害が原因で仕事に悩んでいませんか?
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害にはどの仕事がいいのか?
強迫性障害はどんな仕事が向いているのか悩んだ事はありませんか?強迫性障害で転職を繰り返した筆者のアドバイスはこちら!
強迫性障害と仕事のミスをどのように乗り越えるか?
強迫性障害が原因で業務中にミスを避けるために何回も確認したのに失敗。落ち込む前にこういった考えで進めていくのはどうですか?
仕事でのこだわりは「損失」にしかならない
強迫性障害患者さんは仕事で「こだわる」事が多いのですが、果たして本当にそのこだわりは必要なのか?色々な角度から検証してみます。
強迫性障害で転職する前にやるべき事
強迫性障害で仕事を辞めようか悩んでいる時に辞める前に何をすべきなのか?私の経験を踏まえて解説しています。
強迫性障害は時間貧乏!?
読んで字の如く「時間が足りない」と感じた事はありませんか?皆良く思う事ですが特にそう思うのが強迫性障害でしょう。時間貧乏にならないためにはどうしたらいいのか解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ