強迫性障害と仕事の悩みを乗り越える

強迫性障害は時間貧乏!?

 

時間を有意義に使えると自然と評価される?

当たり前の事ですが一日は誰もが平等で24時間しかありません。それを上手に使えるかといったら強迫性障害の場合は無駄に時間を使っている事が多いと感じているはずです。そう、確認しないと不安になってしまい何回も確認してしまう事ですね。下手をすれば仕事が終わってからも不安で落ち着かない事もあるでしょう。私もよく経験しました。

 

でもよく考えてください。1日のうちのどのくらい確認作業や不安になる事を考えていますか?その確認作業で「そう思っておいてよかった、確認しておいてよかったと何回感じましたか?実際確認してみたら「何でもなかった」事の方が多くありませんでしたか?

 

強迫性障害の患者さんは完璧主義者が非常に多いので完璧に物事をこなすために時間は惜しみなく使ってしまうんですね。だから時間が足りないと思う、同じ作業をしている人と比べてしまうと遅い。私から言わせてもらえば非常に勿体ないです。元々あなたの持つ実力の半分以上を出し切れていないといってもいいでしょう。

 

仕事はキャリアや年齢でどんどん増えていきます。増えていけば増えていくほど不安や確認したい気持ちがどんどん大きくなりやがて精神的にパンクしてしまいます。こなせなければ「仕事が出来ない」「使えない奴」とレッテルを張られてもっと苦しくなってしまいます。やがては会社を辞めようか悩むようになったり、リストラの対象になったり、体を壊してしまうという最悪なパターンにもなりかねません。
 
1日の時間を無駄に浪費してしまえばただの時間貧乏です。自分の事が分かっているから余計に悔しくありませんか?余裕で仕事をこなして楽しい事を考えたり、仕事終わりに遊びにいったり、快適に1日を過ごせるようになれば自然と「仕事ができる奴」と評価されるんです。是非こうなりたくありませんか?

 

時間貧乏から脱却するたった3つのポイント

仕事のミスで多い原因といえばどの業種によっても当てはまる事といえますが「確認を怠ってしまった」事でしょう。なので確認は仕事上必要な事ですが、過剰になってしまってはただの無駄にしかなりません。念入りに10回同じことを確認するようなことがあれば簡単な仕事の1つや2つこなせてしまうと思いませんか?

 

この動作を1日に何十回もする訳ですから、これを0とは言いませんが少なくすればもっと時間を有効活用できるようになりますね。色々考え方はあると思いますが、いくつか私が今でも心がけているポイントを紹介したいと思います。

 

・体で確認した事を覚えさせる。

 

1つの仕事を終わらせたとき確認作業は必須ですのでもちろん私も確認作業はします。もちろん1回だけですが、確認する箇所を「指さし確認」します。よく工場などでもやっている企業がありますね。これは本当に理に適っていて体を使って覚えさせると忘れにくいという利点があります。目で見るだけの確認だったりすると記憶に残りにくいので体を使って確認すると不思議と覚えていることが多く、確認回数を減らせる効果が期待できます。

 

・完璧ではなく70パーセントを目指す。

 

中途半端を目指すわけではありませんよ。要点をしっかり押さえておけば100パーセントにする必要がないという意味です。例えば資格の勉強など100パーセント丸暗記なんてしていられませんよね?どうでもいいといったらいけないとは思うのですが、覚える必要のない事も覚えるのではなく、要点だけしっかり覚えておけばOKじゃないですか?つまり要点をしっかり押さえておけば実際問題ない事が多いという事です。そうすると単純に30パーセント余裕が出来るようになります。許容範囲を有効に使えるようになれば100パーセントの必要性が疑問に思えてくると思います。

 

・何故確認しなければいけないのかを前向きに考える

 

不安だから確認するとかではなく、視点をずらして考えてみましょうという事なのですが、確認しなければいけない理由が必ずあるはずです。逆に言えば確認しなければいけない理由が見つからなければ確認しなくていいという事ですね。確認しなければいけない理由があるのであれば原因を改善するといった方法を考え、改善すればいいのではないでしょうか?要は根本的に潰していくという考え方ですね。しっかりこういった事を考えて実行していけば必然的に確認回数も減りますし、効率も良くなるはずです。自分が不安だから確認するという考え方で動くのではなく、確認作業を減らすためには問題を消していけばいいのです。

 

いかがでしたでしょうか?分かりにくい部分もあるかもしれませんが簡単に説明できるとすればこういった事を心がけてやってみると効果が期待できると思います。私はこちらをベースに考え方やマインドを構築してきましたが、自分なりのアレンジが一番確認作業を減らす効率的な方法だと思いますので学んでみるとより効率的な手法を編み出せると思います。

関連ページ

強迫性障害という事を上司に報告するべきか?
会社で強迫性障害と知られたくないけど、業務に支障が出るから話すべきなのかお悩みではありませんか?私の体験談をお話しします!
強迫性障害が原因で仕事に悩んでいませんか?
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害にはどの仕事がいいのか?
強迫性障害はどんな仕事が向いているのか悩んだ事はありませんか?強迫性障害で転職を繰り返した筆者のアドバイスはこちら!
強迫性障害と仕事のミスをどのように乗り越えるか?
強迫性障害が原因で業務中にミスを避けるために何回も確認したのに失敗。落ち込む前にこういった考えで進めていくのはどうですか?
仕事でのこだわりは「損失」にしかならない
強迫性障害患者さんは仕事で「こだわる」事が多いのですが、果たして本当にそのこだわりは必要なのか?色々な角度から検証してみます。
強迫性障害で転職する前にやるべき事
強迫性障害で仕事を辞めようか悩んでいる時に辞める前に何をすべきなのか?私の経験を踏まえて解説しています。
強迫性障害を乗り越えた私の仕事の現状
強迫性障害を乗り越えたら仕事にどう影響してくるのか、どうやったら克服できるのかを私の経験を綴っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ