強迫性障害に効くサプリメントと投薬治療

投薬治療中でのサプリメント服用は危険なのか?

 

しっかり見極めれば克服へ向けて前進できる。

投薬治療を行なっている方でサプリメントを服用しようか悩んでいませんか?強迫性障害に高価のあるサプリメントも調べてみると物凄い種類があります。口コミや評価を見ると効く効かないかだけでその方は投薬治療をしていてサプリメントを服用しているのかまで書いている方はほとんどいませんのでなかなか踏み切れない気持ちになってしまいませんか?サプリメントは強迫性障害克服には役に立つので相乗効果を実感してみましょう。

 

過去にもサプリメントの有効活用の考え方を記事に書きましたが投薬治療中の方はサプリメントの選び方で相互作用の心配があってなかなか踏み切れない方もいらっしゃるのでどうやって選べばいいのか書いていきたいと思います。

ほとんどのサプリメントはセイヨウオトギリソウが入っている

SSRIを処方箋でもらう時に出す用紙の注意事項にセイヨウオトギリソウの摂取の注意喚起が書いてあるのを見たことがありますでしょうか?
あまり聞きなれない薬草のような気がしますが、セントジョーンズワートの事です。当然のことながら処方箋の用紙にも書かれるくらい相互作用には注意が必要という事です。

 

さすがに試したことはありませんが、お互いに打ち消しあってしまうようですので相乗効果を狙ったものの効果がなくなってしまうのは出来るだけ避けたいものです。
一般的にセイヨウオトギリソウは強迫性障害やうつなどに効果が見込めると知られていますが相互作用によって併用が難しいと言えますが、そうなってしまうとサプリメント選びにも慎重になってきます。

 

海外製のサプリメントでセントジョーンワートを含んでいないものもありますが、しっかりと相互作用がないとは断言できないのが現状で相互作用があったとしても問い合わせもアフターサポートもかなり厳しいと思います。値段や容量でいえばピカイチでしょうが国内に住んでいるのでしたら国内産はそういった部分で非常に安心感がありますので人によって意見は違いますが私はそういった意味で国内産をお勧めします。

そこで活用したいのはセロトニンを増やす効果のある『ラフマ葉』です

最近注目を集めているのが『ラフマ葉』です。あまり聞かない名前ですが、漢方で有名な中国では昔から健康茶として取り扱われてきたのですが近年セロトニンを増やす効果が確認されてセイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)のように相互作用の心配がない素材として注目を集めています。

 

SSRIを服用しているのであればサプリメントも検討してみるべきだと私は考えます。なぜならばSSRIはセロトニンの伝達部分の効率化を図ろうとするもので決してセロトニンを増やすと言った作用をしていないからです。だからこそサプリメントで増やすといった役目を作ることが重要なのです。

 

きちんとした食生活をしているのにセロトニンが不足している気がする。家族は同じものを食べているのに私だけ強迫性障害なのは何故?といった疑問が浮かぶでしょうが、これはおそらく体質は人それぞれですし、そういったときこそサプリメント1つで底上げできるので活用しない手はないでしょう。

改善した後も安心して服用でき、予防にもなる。

強迫性障害は再発も非常に多い病気です。私は3回ほど再発しました。ちなみに、再発する度に症状はエスカレートしていきます。最後の再発は1年間ほど仕事も出来ない状態でほとんど寝たきりのような日々が続きました。
今は再発するような事も全く心配していませんし、しっかり予防をしているので何年も再発していません。おそらく完治しているのでしょう。

 

ですが現代はストレス社会と言われるほど非常に精神疾患も低年齢化していますし、拡大もしています。そういった部分で考えても再発する可能性を0とは言い切れませんし、出来るだけストレスフリーな生活を送る為にサプリメントは愛用しています。

 

これは私は必要ないと思っていたのですが、強迫性障害を通じて知り合った方の意見や、考え方に非常に共感を持ち予防する事の意味を学んでから服用するようになりました。

 

強迫性障害の再発に不安を抱えている方も是非服用をお勧めします。
今後私のおすすめサプリメントも評価とレビューをお伝えしていく予定ですのでそちらも参考にしていただければと思います。

関連ページ

メンタル系サプリメントの効果と有効的な活用法
サプリメントって強迫性障害にホントに効果があるの?どうサプリメントを活用すればいいのか解説します。
キトサンが強迫性障害に効くというので調べてみた。
キトサンがネットで強迫性障害に効くと書いてあったんだけどホント?筆者が効果はどうなのか、可能性があるのか解説します!

ホーム RSS購読 サイトマップ