強迫性障害を克服や改善をするとどう生活が変わるのか?

改善した後の大きな違い。

 

今までの生き方が快適に、リラックスして生活できます!

自己紹介でも簡単に書きましたが、私は重度の強迫性障害でした。不潔恐怖、数字恐怖、加害恐怖でなおかつ合併症でうつ病、適応障害、双極性障害とこの身をもってその苦しみを味わってきました。

 

現在は病院にも通っていませんし、普通に会社勤めをしています。日常生活でもなにも支障が出ることもなく生活していますが、自分が経験した事や今に至るまでを現在強迫性障害でお悩みの方の救いとなるようなブログを目指して執筆しています。

 

今回私が今回お伝えしたい事は、強迫性障害を克服するとどうなるか?をお伝えしたいと思います。
実は普段も強迫性障害について色々と勉強したり、考察したりしています。
家族や友人がもし強迫性障害になったら少しでも助けになりたいですし、自分の経験も踏まえた上で知識を蓄えたら寄り効率的に改善できるのではないかと思っているからです。

 

色々なサイトやブログで克服しました!と言う方がいらっしゃいますが、よく読むと実際何がどうかわるのか具体的に説明がありません。
確認行為が無くなりました!とはよく皆さん書いているのですが、克服しているのだから当然ですね。まだ確認行為が続いていたら、まだ克服できていない証拠ですからね。

 

では私なりに克服するとどう変わるのか出来るだけ分かりやすく書いていきたいと思います。

世界が変わった!なんてそれは漠然としすぎてる。

世界が変わった!なんて具体的ではなさ過ぎて想像なんてできませんよね。よくある〇〇を克服しました!なんてブログを見るとこう感想を書いている方がほとんどです。

 

私には何が言いたいのか分かりません。むしろこの方は本当に克服したのだろうか?と疑ってしまいます。本当はその病気になっていないんじゃないか?ただのセールスなんじゃないか?と思ったりしていますが、人の表現方法なのであまり深く突っ込まないでおきましょう。

 

私の表現で言うと『世界観が変わる、見え方が変わるというより物事の捉え方が明らかに変わる』という事です。

 

スッキリとした明るい毎日を過ごしてます!って言う感じではありません。物事に柔軟に対応が出来るようになり、自分の中のルールや決まりごとがほとんど緩和される感じですね。
自分が柔軟に適応できるようになるんです。正直私が強迫性障害を現在でも患っていればこういう性格なんだから変わるわけがないと言い切っていると思います。

 

自分の力の入れ具合が細かく調整できるようになって生活する上で不安を抱える要素は明らかに減少しますし、心身ともに安定した毎日を送れるようになります。

もし今までの不安要素だったものが転がり込んできたらどうなる?

もしも手をちゃんと洗えてなかったら、ばい菌によってとんでもない事になるんじゃないのか?とか、人が握ったおにぎりを食べられなかったりしました。
克服すると、そんなばい菌なんていないから大丈夫とか、おにぎりを握った人はちゃんと手を洗ったから大丈夫だろう。とか思ったりしそうですが、そんなことは考えたりしません。
もっと掘り下げて言えば・・・

 

『何もそのことに対して関心も警戒したりは一切しなくなり、そんな考えすら頭の中に浮かばなくなる』のです。

 

凄く不思議なんですが、それは先程お伝えしたとおり、力の入れ具合の調整がしっかりとされるようになったからだと私は考えています。
決して適当や大雑把になった訳ではありません。ちゃんと物事に対して考える事はしっかり出来るのですが、必要以上に物事に対して追求しなくなるので気持ちに余裕が出来たり、体力的にもかなり楽になります。
物事で相手に10のうち5の完成度を求められればいままでは必ず10で答えていた自分が6で返せるようになるんですね。
私の中で5ではなく6というのがポイントです。これは強迫性障害を乗り越えられた人が出来るスキルなのではないかと思っています。

 

 

 

10ではなく、5でもなく、6に出来る強みとは?

 

強迫性障害の方は努力家であり、責任感が非常に強いです。仕事に対しても非常に真面目で後工程の事までしっかりと考えられる仕事をします。ですが、必ず100パーセントの仕事の質を自分自身に求める為に仕事が遅くなってしまったり、自分に負荷を無意識にかけてしまいます。もちろん仕事の完成度はこの上ないほどのクオリティで提供する為、満足素は非常に高い品質を保てます。

 

もちろん自分は疲れてしまいますし、納期もギリギリまでかかってしまうのは自分の中では不満になってしまいます。ですが自分の中では妥協したくないので必ず最高のクオリティで毎回仕事をこなします。

 

これが相手に求められている完成度のちょっとの上乗せレベルで仕事ができたらどうでしょうか?

仕事は速い、完成度はもちろん相手に求められている以上はこなせていますし、自分自身の余力も十分に余っているので、他の仕事も進められますし、心にも余裕が生まれます。

普通5の完成度で求められたら5で返す人がほとんどです。なぜなら5以上のクオリティで仕事を返した経験がないですし、5以上は未知数なので出来ないといったほうがいいでしょう。

 

ですが強迫性障害の方は10を経験していますし、6でOKなら余裕なんです。もちろん克服してその考え方が出来れば無敵です。それが私の言う力の入れ具合の微調整が出来るようになるという事です。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、著名人も強迫性障害だった方も沢山いらっしゃいます。世の中では非常に評価されている方が多くいらっしゃいます。一般人より1枚も2枚も上のクオリティを提供出来る方々ばかりなので、強迫性障害は逆に選ばれた人間と言っても過言ではないんではないでしょうか?

 

 

関連ページ

どう攻略していく?強迫性障害への考え方
強迫性障害を克服する際にまずはどう攻略していけばいいのか?考え方を学んでみよう!
私が強迫性障害克服で心がけた3つのポイント
私が強迫性障害を克服していく過程で心がけたポイントを解説しています。すごく簡単で単純ですが心がけるだけでも効果があります!
潔癖不安を改善する方法とは具体的にどうするのか?
手が擦り切れるまで洗う事がやめられないのを改善したい人が同対策をすればいいのか解説しています。
マイナスな先入観からの答え
不安や苦しみからついついネガティブに考えていませんか?どう乗り越えていけばいいのか詳しくお伝えしていきます
神経が磨り減る感覚はもう必要ない!
溢れた情報に流されない!必要なのはコレだ!
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
中途半端が嫌いな特性を利用しよう
セロトニンが不足は結果論でしかない。
認識の書き換えとは何か?
私が強迫性障害克服には絶対「認識の書き換え」が必須と考えます。実際どのようなものなのか詳しく解説しています。
一般的な方法で解決出来ないから探し続ける
投薬治療、カウンセリング、サプリメント。色々試してみたけど良くならない・・・。一番効果の高い方法を忘れていませんか?
時間の価値を知ると克服したくなる
確認作業や不安の打ち消す時間って本当に必要ですか?この時間は1日にどれ位?1年で?これを知れば1日でも早く克服しようと思えますよ!
確認作業を抑制する便利なスマホの使い方
繰り返し確認するのは非常に疲れます。でも止められないからいいアイディアは?私はスマホを使って確認作業を抑制しました!詳しい内容はこちら!
あなたがが変われないのは○○だから
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害は治らないって聞いたけど?
強迫性障害は治らないって聞いたけどホント?確かに治りにくいのかもしれません。克服した管理人の現在の症状も含め私なりに解説していきます。
克服への近道は「自分を知る」という事
強迫性障害の克服には「認識の書き換え」を私は訴えていますが、もっとシンプルに言ってしまえば「自分を知る」という事です。どういう事なのか解説します。
結果「強迫性障害」を克服させるのは考え方である
医療機関やカウンセリングにも言える事なのですが、強迫性障害を克服するには考え方なのです。管理人の考察はこちらです。
重症を知らないから危機感が薄い?
強迫性障害の重症がどのようなものなのか知っていますか?重症になってからでは遅すぎる!知識を得て症状が軽いうちに克服しましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ