強迫性障害の手洗いを止める方法

潔癖不安を改善する方法とは具体的にどうするのか?

 

生活に制限が出る状態だった私でも改善できました。

恥ずかしい話ですが人が握ったおにぎりは食べられませんでした。トイレは家以外ほとんど利用しなかったですし、雑誌を購入する時などでも出来るだけ人が触れていないものを選んで買うような行動をとっていました。もちろん外出する時は携帯用の消毒液を持ち歩いて1日で使い切るほど使っていた時期もありました。今ではそのような事もなく普通に生活出来ています。ただ若干抵抗があるときはありますが、今までの症状ほどではないので特に支障が出るようなことはありません。

 

こういった症状は物凄いストレスになりますし行動がかなり制限されてしまいます。強迫性障害の患者さんで不潔恐怖をどうやって治せばいいのか頭を抱えいる方は沢山いらっしゃいます。私自身も色々なサイトを調べて参考になりそうな事を情報収集して実践してみましたが、これといって飛躍的に改善出来る様なものはありませんでした。どうしても一般的に治療として取り入れられている方法が多く、それ以外の方法を探していた私にとっては骨が折れるような作業の連続でした。ですが色々手探りで私なりの改善方法を実践した結果、今のような状態まで改善できました。ではどのように改善したのかお話していきます。

認識の書き換えはもちろん、その度合いをしっかりと区別すること。

私が最初に取り組んだ方法は『認識を書き換える事』から始めました。以前に記事にも書きましたので詳しく知りたい方は参照に見ていただければと思います。

 

参考コラム>>認識の書き換えとは何か?

 

不潔恐怖がある患者さんなら理解出来る事なのですが、『全てが生命を左右するような菌で犯されている』と感じてしまうのですが、この部分の考え方を書き換えていくイメージといえばお分かりいただけますでしょうか。
不潔恐怖がない人の場合、ある程度の不潔と自分の体に害がある不潔としっかりと区別できるので生活に支障が出る場合はありません。ですが不潔恐怖がある場合はある程度の不潔という概念がなく、そのような場合は全て体に害のある不潔と認識してしまいます。

 

この『不潔』と感じてしまう部分を書き換えていくのです。『ある程度の不潔』と『体に害のある不潔』がちゃんと区別出来る様になるまでが非常に苦労のいる作業ですが、そのような自分のバロメーター調節がしっかり機能しはじめると最初は困難だった事も次第に出来るようになります。自分が思っていることと客観的に見た部分とのかみ合わせがしっかりと出来るようになることで克服へ一歩近づきます。この考え方がしっかり身についていないとなかなか改善が進みませんし、無理に我慢して自分が不潔と思っている事をやっても心の不調に繋がりますしストレスも非常に溜まります。

 

私の考え方のベースは本田式・強迫性障害改善プログラムで、なかなか自分の認識を書き換えることが出来ない方や、分かっているのだけどなかなか行動に移せない方は是非お勧めします。今でも私は読み返す事もありますし、こういった考え方をどうすれば自分が納得出来る様になるのか、認識の書き換え方のコツが分からない方には参考になると思います。

 

参考ページ>>【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムは本当に効果があるのか?

無理せず新しい認識の結びつきを理解していくことが改善への1歩。

認識の書き換えがだんだんと出来てくると実際に行動した結果と認識の書き換えた部分で結びつきが出来ている事が実感できてくると思います。その結果だんだんと触れられるものが増えてきたり、消毒や掃除などの回数も徐々に減らすことが出来てきます。

 

その時に注意するべき事は無理に行動しようとしない事です。いきなり全て上手くいくと言うわけではありませんからゆっくり焦らず行動していきましょう。その時に自分は何がまだ無理なのか、何が出来るようになったのかを把握することも非常に重要です。もっと掘り下げて言えば無理に行動して出来たとしても結果として克服出来たことにはなりません。時間のかかる作業ですがこうやって認識の書き換えと実際に行動した結果の結びつきが徐々に出来るはずです。

 

余談ですが、菌といっても悪い菌と体に良い作用をもたらしてくれる菌と沢山の菌が世の中には存在します。私はその菌という存在が苦手で全てが毒のような気さえしていました。ですが現実的に空中にも浮遊していますし、どんな場所でも菌は存在します。家は平気で外では菌だらけという偏った考え方もありましたが、今考えてみれば人間は菌に対して抗体もしっかり持っていますし、その自分が不安になる度合いの調整もしっかりと身についています。

 

自分の貴重な時間を費やす部分が減ったと思えるようになると改善方向にどんどんと加速していくのがわかりますのでお悩みの方は是非試してみてください。

 

 

関連ページ

どう攻略していく?強迫性障害への考え方
強迫性障害を克服する際にまずはどう攻略していけばいいのか?考え方を学んでみよう!
私が強迫性障害克服で心がけた3つのポイント
私が強迫性障害を克服していく過程で心がけたポイントを解説しています。すごく簡単で単純ですが心がけるだけでも効果があります!
マイナスな先入観からの答え
不安や苦しみからついついネガティブに考えていませんか?どう乗り越えていけばいいのか詳しくお伝えしていきます
神経が磨り減る感覚はもう必要ない!
溢れた情報に流されない!必要なのはコレだ!
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
中途半端が嫌いな特性を利用しよう
セロトニンが不足は結果論でしかない。
認識の書き換えとは何か?
私が強迫性障害克服には絶対「認識の書き換え」が必須と考えます。実際どのようなものなのか詳しく解説しています。
改善した後の大きな違い。
強迫性障害を改善すると周りをどう見れるようになるのか?どう生活が変わるのか?実際に感じた事を綴っています。
一般的な方法で解決出来ないから探し続ける
投薬治療、カウンセリング、サプリメント。色々試してみたけど良くならない・・・。一番効果の高い方法を忘れていませんか?
時間の価値を知ると克服したくなる
確認作業や不安の打ち消す時間って本当に必要ですか?この時間は1日にどれ位?1年で?これを知れば1日でも早く克服しようと思えますよ!
確認作業を抑制する便利なスマホの使い方
繰り返し確認するのは非常に疲れます。でも止められないからいいアイディアは?私はスマホを使って確認作業を抑制しました!詳しい内容はこちら!
あなたがが変われないのは○○だから
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害は治らないって聞いたけど?
強迫性障害は治らないって聞いたけどホント?確かに治りにくいのかもしれません。克服した管理人の現在の症状も含め私なりに解説していきます。
克服への近道は「自分を知る」という事
強迫性障害の克服には「認識の書き換え」を私は訴えていますが、もっとシンプルに言ってしまえば「自分を知る」という事です。どういう事なのか解説します。
結果「強迫性障害」を克服させるのは考え方である
医療機関やカウンセリングにも言える事なのですが、強迫性障害を克服するには考え方なのです。管理人の考察はこちらです。
重症を知らないから危機感が薄い?
強迫性障害の重症がどのようなものなのか知っていますか?重症になってからでは遅すぎる!知識を得て症状が軽いうちに克服しましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ