強迫性障害の克服・商材、サプリメントの購入後のレビューや評価、検証

セロトニンが不足は結果論でしかない。

 

結果は結果でしかなく原因とはまた違う

強迫性障害は『セロトニンが不足して起こる』という言葉はどのサイトでもどの書籍でも書かれている文章ですよね?私はこの言葉に納得していない部分が多いです。確かにセロトニンが不足して起こるのかもしれませんが、『何故セロトニンが不足してしまうのか?』がどのサイトにも書籍にも書いてはいないんですね。タイトルでも書かせていただきましたが、これはあくまで結果論であり、原因とはまた違った事ではないでしょうか。

 

幼少期の家庭環境や人生の大きな転機などによって起こるといった部分もこれは『引き金』の部分で原因とはまた違った部分なので、結局原因は定かではないというのが現実でしょう。再発してしまう、克服するのを諦めてしまう気持ちも原因が分からないから対処のしようがないという気持ちもすごく分かります。私もこういった状況の中で再発を繰り返し、途中で挫折を経験しましたが今では再発も強迫性障害と思われる症状も一切出ていません。

 

私がどうやって克服までの道のりを歩んだかというのはその『原因が定かではない』という部分を逆手にとって行動したからではないかと考えています。普通原因が分からなければ諦めてしまう、何もできないというのが一般的だとは思うのですが、原因が分からないからこそ様々な角度から攻めてみる事を専念して得た結果が今につながっています。

 

『様々な角度から攻める』といってもパッとしないかもしれません。ではもう少し掘り下げてお話ししたいと思います。

様々な角度から攻めることが重要な理由

様々な角度といってもなかなかパッとしないかもしれません。ですのでもう少し具体的に私の考え方をお伝えしようと思います。

 

例えば太って困っている方がいるとします。結果としては『脂肪の増加』ですよね。ですが原因としては代謝が悪かったり、運動不足、食べ過ぎ、体質の問題だったり様々です。はっきりと言えば原因として考えられる部分は沢山ありますが、その原因と思われる取り組みを1つだけ取り組めば改善できるとは限りませんよね?

 

私が言いたい事は原因は複雑に絡み合っていて結果として成り立っているので、こういった原因と思われる部分をこなしていくという事があらゆる角度から攻めてみるという事です。ですので私は強迫性障害に効くといったサプリメント、カウンセリング、投薬治療、漢方、などの効果を否定したり、これさえやってれば克服できる!なんて責任感のない事は絶対言わないです。ですからこういった事をトータルで組み合わせて克服していくのが私は一番の克服法だと思っています。

 

どんなサプリメント、漢方がいいのか、質の良いカウンセリングはどういうものか、何回も克服しようと頑張ったけど効果がでない方への道標としてこのサイトを運営していますが、私は元強迫性障害患者です。だからこの様な考え方や自分のやってみた事をあなたに伝える事ができるのです。

 

私がこのサイトを立ち上げた理由の一つでもありますが、1点の改善法のゴリ押しやSSRIを否定し、サプリメントを推すサイトが非常に多いです。もっと深く言えば『個性の微塵もないただ一般的な治療法のみを書き綴ったサイト』も多数存在します。
私の兄が、家族が、友人が強迫性障害。こういうプロフィールを持った人もブログを立ち上げていて克服法を紹介していたりしますが、『緊迫感も将来への不安』も感じられるでしょうか?本当にその人の事を信じて克服できるのでしょうか?

 

こういった人達こそ『断薬しましょう!』『SSRIは依存性が高いので今すぐやめましょう』と言ってこういった商品で治ります!と説得力のないサイトが日に日に増えていくのが現状です。体質、考え方、環境などは人それぞれ違うのですからもちろん効果のある克服法もそれぞれです。ですが、取り組んだ事は無駄にはなりませんし、克服出来た時の予防法として自分自身で確立する事もできます。

 

多くの方の『諦める事』は先が見えない不安感と正解がないから何をすればいいか分からないからではありませんか?
自分が今何に取り組んでいて何が足りないのか、何に取り組むべきなのかはだんだんと分かってくるはずです。
ただ待っていても決して克服はできません。なかなか自分からアクションを起こすのは労力と勇気が必要になりますが、負けないで取り組んでいきましょう!

関連ページ

どう攻略していく?強迫性障害への考え方
強迫性障害を克服する際にまずはどう攻略していけばいいのか?考え方を学んでみよう!
私が強迫性障害克服で心がけた3つのポイント
私が強迫性障害を克服していく過程で心がけたポイントを解説しています。すごく簡単で単純ですが心がけるだけでも効果があります!
潔癖不安を改善する方法とは具体的にどうするのか?
手が擦り切れるまで洗う事がやめられないのを改善したい人が同対策をすればいいのか解説しています。
マイナスな先入観からの答え
不安や苦しみからついついネガティブに考えていませんか?どう乗り越えていけばいいのか詳しくお伝えしていきます
神経が磨り減る感覚はもう必要ない!
溢れた情報に流されない!必要なのはコレだ!
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
中途半端が嫌いな特性を利用しよう
認識の書き換えとは何か?
私が強迫性障害克服には絶対「認識の書き換え」が必須と考えます。実際どのようなものなのか詳しく解説しています。
改善した後の大きな違い。
強迫性障害を改善すると周りをどう見れるようになるのか?どう生活が変わるのか?実際に感じた事を綴っています。
一般的な方法で解決出来ないから探し続ける
投薬治療、カウンセリング、サプリメント。色々試してみたけど良くならない・・・。一番効果の高い方法を忘れていませんか?
時間の価値を知ると克服したくなる
確認作業や不安の打ち消す時間って本当に必要ですか?この時間は1日にどれ位?1年で?これを知れば1日でも早く克服しようと思えますよ!
確認作業を抑制する便利なスマホの使い方
繰り返し確認するのは非常に疲れます。でも止められないからいいアイディアは?私はスマホを使って確認作業を抑制しました!詳しい内容はこちら!
あなたがが変われないのは○○だから
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害は治らないって聞いたけど?
強迫性障害は治らないって聞いたけどホント?確かに治りにくいのかもしれません。克服した管理人の現在の症状も含め私なりに解説していきます。
克服への近道は「自分を知る」という事
強迫性障害の克服には「認識の書き換え」を私は訴えていますが、もっとシンプルに言ってしまえば「自分を知る」という事です。どういう事なのか解説します。
結果「強迫性障害」を克服させるのは考え方である
医療機関やカウンセリングにも言える事なのですが、強迫性障害を克服するには考え方なのです。管理人の考察はこちらです。
重症を知らないから危機感が薄い?
強迫性障害の重症がどのようなものなのか知っていますか?重症になってからでは遅すぎる!知識を得て症状が軽いうちに克服しましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ