強迫性障害を克服する前に考え方を学ぶ

どう攻略していく?強迫性障害への考え方

 

経験した事がある人にしか分からない感情

医学的にどうなのか、どんな症状なのかはよくインターネットで検索すると沢山ヒットしますし、私は普通のサラリーマンなので医学的な部分は割愛してちょっと違った観点から書いていこうと思います。

 

強迫性障害は辛いとか、苦しいとか色々聞いたことがあるかと思いますが、私が感じた事は不安の連鎖が延々と続く、周りが理解しがたい孤独な世界といった感じです。
もちろん、自分自身はそれが今までずっと続いてきているわけですからそれが当たり前になっている訳です。でも物凄い疲れる。しんどい。みんなはどうやってこの不安から乗り越えているんだろうか?

 

気にしない事。これが出来ない。どうしても気になる。でもこんな事気にしていたら周りに心配性とか変な目で見られるんじゃないのかな?だから誰にも相談できずにどんどん闇に引き込まれる。
私が経験した感情や考えは文章にしたらこんな感じでしょうか?

 

大したことないじゃん。って思う方もいらっしゃるでしょう。
でもこの考えが常に頭の中で動いているんです。

 

朝から晩まで、寝ても起きても、何をしててもです。

 

経験しないと分からない感覚ですが、相当なストレスと疲れが毎日のように蓄積していきます。

 

 

毎日蓄積し続けるストレスや不安が追い討ちをかける。

 

 

私はそのストレスや精神的疲労から『双極性障害』『パニック障害』と合併症を引き起こしていました。ちなみに強迫性障害はうつ病をはじめとした精神疾患を併発するリスクが非常に高いです。

 

合併症になれば非常に厄介ですし、重症化するので寝たきりのような状態にもなりかねません。

 

最悪の場合自分の命を絶ってしまうことももちろんあります。

 

現代社会では精神疾患を患ってしまう患者さんは増加傾向にあり、また自殺者数も年々増加してきています。私が患っていた時に一番助けになったのは友人や家族の支えがあるから今があると言えます。

 

なかなか家族へも友人へも打ち明けたり相談したりするのも非常に勇気が必要でした。ですが、もっと大変だったのは相手に理解してもらえるまでが大変でした。その考えが、感情や気持ちが経験した事がないから理解できない。

 

だからこそ私が今後経験したり、今となって思うことや考える事を記事にして是非友人や家族で

強迫性障害でお悩みの方がいらっしゃったら、ちょっとでもご理解していただけたら嬉しく思います。

攻略法は無数にある。だが求める事は一緒。

 

私も強迫性障害をなんとかしようと医学書、行動療法、投薬治療、サプリメント、漢方、カウンセリング、もちろんインターネットで調べたり色々調べたり試したりしていました。

日々の不安との戦いと同時進行で改善方法を模索するわけですから、なかなか行動に移せなかったり途中で諦めたりしてしまうものです。

 

正直なところ、改善や克服に向けて何をしたらいいのか分からない。調べても具体的な答えが出てこない。確かにそうです。

 

具体的な答えは毎度決まり文句みたいに書かれた投薬治療と行動療法です。 

 

私は6年程行ないましたが、なかなか症状はよくならず、良くなってきたと思ったら突然再発。その繰り返しでした。そういった症状を繰り返したり、長年患っていればいるほど、『こういう性格だから治らない』って思い込んでしまうものなんですね。それが今までの自分の日常なのですからそう思っても仕方が無いと私は思います。

 

ですが、何度も諦めずに色々改善しようと行動した結果、今のように克服出来ましたが、正直治ったというより

 

『どうでもよくなった』

 

『まあいいかl』

 

という考えになっているといったほうがわかりやすいでしょうか?

 

今の治療法や改善手法でなかなか結果が思うように出ない場合は他の方法も試してみる。

これが一番だと私はおもっています。

 

自分に一番マッチングした改善方法は人それぞれだと思いますし、それを探してこそ克服の一番の近道だと考えています。

関連ページ

私が強迫性障害克服で心がけた3つのポイント
私が強迫性障害を克服していく過程で心がけたポイントを解説しています。すごく簡単で単純ですが心がけるだけでも効果があります!
潔癖不安を改善する方法とは具体的にどうするのか?
手が擦り切れるまで洗う事がやめられないのを改善したい人が同対策をすればいいのか解説しています。
マイナスな先入観からの答え
不安や苦しみからついついネガティブに考えていませんか?どう乗り越えていけばいいのか詳しくお伝えしていきます
神経が磨り減る感覚はもう必要ない!
溢れた情報に流されない!必要なのはコレだ!
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
中途半端が嫌いな特性を利用しよう
セロトニンが不足は結果論でしかない。
認識の書き換えとは何か?
私が強迫性障害克服には絶対「認識の書き換え」が必須と考えます。実際どのようなものなのか詳しく解説しています。
改善した後の大きな違い。
強迫性障害を改善すると周りをどう見れるようになるのか?どう生活が変わるのか?実際に感じた事を綴っています。
一般的な方法で解決出来ないから探し続ける
投薬治療、カウンセリング、サプリメント。色々試してみたけど良くならない・・・。一番効果の高い方法を忘れていませんか?
時間の価値を知ると克服したくなる
確認作業や不安の打ち消す時間って本当に必要ですか?この時間は1日にどれ位?1年で?これを知れば1日でも早く克服しようと思えますよ!
確認作業を抑制する便利なスマホの使い方
繰り返し確認するのは非常に疲れます。でも止められないからいいアイディアは?私はスマホを使って確認作業を抑制しました!詳しい内容はこちら!
あなたがが変われないのは○○だから
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害は治らないって聞いたけど?
強迫性障害は治らないって聞いたけどホント?確かに治りにくいのかもしれません。克服した管理人の現在の症状も含め私なりに解説していきます。
克服への近道は「自分を知る」という事
強迫性障害の克服には「認識の書き換え」を私は訴えていますが、もっとシンプルに言ってしまえば「自分を知る」という事です。どういう事なのか解説します。
結果「強迫性障害」を克服させるのは考え方である
医療機関やカウンセリングにも言える事なのですが、強迫性障害を克服するには考え方なのです。管理人の考察はこちらです。
重症を知らないから危機感が薄い?
強迫性障害の重症がどのようなものなのか知っていますか?重症になってからでは遅すぎる!知識を得て症状が軽いうちに克服しましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ