強迫性障害の克服・商材、サプリメントの購入後のレビューや評価、検証

あなたがが変われないのは○○だから

 

克服出来た人の共通点、出来ない人の共通点。

今回は私が精神疾患でお悩みの方を自分が強迫性障害だった事を通じて多くの方と交流が持てたのですが、私が気付いた事、感じた事を素直に書いていこうと思います。是非自分はどうなのか当てはめてみると意外な部分で気付きが生まれるかもしれません。強迫性障害をはじめ、パニック症、うつ病、不安障害など克服した人の共通点や、逆になかなか克服できない人の共通点を書いていこうかと思います。
もし克服出来なくて私が書いた共通点で当てはまる事があればショックを受けるのではなく是非克服できた人の共通点へ当てはまるように心がけてはいかがでしょうか?きっといいきっかけになるはずです。

自分の状態を把握できているか?

まず1つ目の共通点です。毎日不安と戦っているのは分かるのですが、以前の自分と比べてどうなのか?という自分自身の状態の把握が出来ていない人は結構います。このまま今の治療をしていけば治ってくるんじゃないかという特に根拠も実績もない事をただ漠然と待っている人は実際多いです。ダイエットの話で例えると、痩せたいと思いつつ食生活は変えないでサプリメントを飲んで痩せようとしているのと一緒です。自分の状態が把握できれば、少し運動をしてみようとか、食生活を見直してみようとか改善の糸口となる部分が見えてきます。

 

強迫性障害も自分の状態を把握する事は大事です。昨日と比べて体調はどうか?無意味な不安は増えてきているのか、減っているのか?こういったコンディションを日記などに記録しておくと自分の状態はどう変化しているのか?何か対策はすべきか、今やっていることは継続するべきか?など記録しておけば効率よく自分に合った克服法を見極められますし、意外と調子が良くなってきた日が続くと克服へのモチベーションも上がります。
最近はスマホの無料アプリで日記を探してみて寝る前や時間があるときに記録していくのがお勧めです。

 

細かい事ですが、自分の状態を把握して取り組む事は基本として取り組んでいったほうが効率よく克服できるようになってきます。是非やってみてくださいね。

自分自身を受け入れ、認める事が出来ますか?

自分が不安に思って繰り返し確認してしまう事が恥ずかしい。自分が不安に思ってしまう事が周りに馬鹿にされるのではないかと思ってしまい周りに相談できない。強迫性障害と戦っている方でこう思っている方は少なくありません。かという私もこういった考えをもっていた時期がありました。こういった気持ちのまま生活していると消極的になってしまい、不安を打ち消す為に繰り返し行動していると自分が嫌になってしまい、克服しようという前向きな気持ちが生まれにくくなります。

 

ではどういった考え方に切り替えるべきなのかというと、これは私が保守的な考えから脱却する為にやっていたことなんですが、強迫性障害の症状で悩みが思い浮かんだら、必ず最後に『いつか絶対治してやる』と自分に言い聞かせるようにしていました。この一言が結構重要で私なりの考えがあって頻繁にこの方法を使っていました。

 

その意味なんですが、一つはこの言葉を自分自身に言い聞かせる事によって強迫性障害と受け入れる事ができるようになります。どうしても嫌な思いや恥ずかしいと思う気持ちが頭に浮かんで強迫性障害から逃げ腰な考えになり、強迫性障害と認めたくない自分が存在するようになるのです。だから受け身になってしまい、克服に取り組むまでの気力に到達しないのです。
この『いつか絶対治してやる』という言葉を自分に投げかける事で自然と強迫性障害の後ろ向きな気分を塗り替えると同時に自分自身が強迫性障害だと受け入れるようになり前向きに克服に取り組めるように仕向ける魔法の言葉といったらいいでしょうか。

 

是非なかなか強迫性障害に嫌気がさしたときにこの言葉を思い出してみてください。さりげない事ですがこういった事でも克服するためのメンタル作りとしては役に立つと思います。

関連ページ

どう攻略していく?強迫性障害への考え方
強迫性障害を克服する際にまずはどう攻略していけばいいのか?考え方を学んでみよう!
私が強迫性障害克服で心がけた3つのポイント
私が強迫性障害を克服していく過程で心がけたポイントを解説しています。すごく簡単で単純ですが心がけるだけでも効果があります!
潔癖不安を改善する方法とは具体的にどうするのか?
手が擦り切れるまで洗う事がやめられないのを改善したい人が同対策をすればいいのか解説しています。
マイナスな先入観からの答え
不安や苦しみからついついネガティブに考えていませんか?どう乗り越えていけばいいのか詳しくお伝えしていきます
神経が磨り減る感覚はもう必要ない!
溢れた情報に流されない!必要なのはコレだ!
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
中途半端が嫌いな特性を利用しよう
セロトニンが不足は結果論でしかない。
認識の書き換えとは何か?
私が強迫性障害克服には絶対「認識の書き換え」が必須と考えます。実際どのようなものなのか詳しく解説しています。
改善した後の大きな違い。
強迫性障害を改善すると周りをどう見れるようになるのか?どう生活が変わるのか?実際に感じた事を綴っています。
一般的な方法で解決出来ないから探し続ける
投薬治療、カウンセリング、サプリメント。色々試してみたけど良くならない・・・。一番効果の高い方法を忘れていませんか?
時間の価値を知ると克服したくなる
確認作業や不安の打ち消す時間って本当に必要ですか?この時間は1日にどれ位?1年で?これを知れば1日でも早く克服しようと思えますよ!
確認作業を抑制する便利なスマホの使い方
繰り返し確認するのは非常に疲れます。でも止められないからいいアイディアは?私はスマホを使って確認作業を抑制しました!詳しい内容はこちら!
強迫性障害は治らないって聞いたけど?
強迫性障害は治らないって聞いたけどホント?確かに治りにくいのかもしれません。克服した管理人の現在の症状も含め私なりに解説していきます。
克服への近道は「自分を知る」という事
強迫性障害の克服には「認識の書き換え」を私は訴えていますが、もっとシンプルに言ってしまえば「自分を知る」という事です。どういう事なのか解説します。
結果「強迫性障害」を克服させるのは考え方である
医療機関やカウンセリングにも言える事なのですが、強迫性障害を克服するには考え方なのです。管理人の考察はこちらです。
重症を知らないから危機感が薄い?
強迫性障害の重症がどのようなものなのか知っていますか?重症になってからでは遅すぎる!知識を得て症状が軽いうちに克服しましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ