本田式強迫性障害改善プログラムで克服しよう

マイナスな先入観からの答え

 

自分の思考が結果へと結びつけない。

私は強迫性障害を患っていた時に、私自身の思考と結果を結びつける事ができませんでした。
どういうことかというと
『不吉な事や不幸なことが起こりそうで行動に移せない。』
もしくは・・・
『自分が行なった事に自分自身を疑う癖ができている。』という事です。
簡単に言えばマイナスのイメージが払拭できない所から前進できないという事です。

周りはどう不安を解消しているのか気になりませんか?

 

 

私は周りの人たちがどうこの不安を解消しているのか気になって思い切って相談した事もありました。
想像は付くとおもいますが『考えすぎ』『心配性だね』という答えしか返ってきませんでした。

 

結果どう乗り越えているかの回答は返ってきませんし、そう簡単に答えられると逆に自分が恥ずかしいと思う気持ちが出てきて萎縮してしまいます。

 

『この気持ちが分かってもらえない』と閉じこもるようになりましたし、また不安を乗り越える為に自分自身で立ち向かうしかないんだと思っていました。
もちろんその後は悪循環です。確認しなければ気がすまなくなることが加速していきます。

 

克服した今振り返ってみるとこの悩みは『確認しなくてもいい部分』と思えるのです。つまり、悩むべき部分ではないという事です。だから明確な回答は出てきませんし、簡単な回答だけで済まされてしまったと理解できます。

 

その確認しなくて済む、悩まなくて済む考え方に変えるためにはどうすればいいのか。
私なりの考えを解説していきます。

 

 

もちろん、自分自身が原因ではない。

 

 

確認する事は悪いことではありません。ですが、過剰になりすぎる為それが障害になってなかなか前へ進めなくなるのが非常に苦痛で耐え難いものでもあります。ちょっと改めて考えて見ましょう。

 

商品を検査するロボットがあるとしましょう。
商品の形や大きさ、色、傷の有無などをチェックするロボットです。もちろん基準に該当しなければ不良品として検出します。こういった事はプログラムによって制御されています。1度チェックしてOKかNGを判断します。
ですが、強迫性障害の方はロボットに置き換えるとどうでしょうか?
一度チェックしてOKという訳にはいかないでしょう。アレもこれも気になる。1度チェックしたけど再度確認する。などなど繰り返すようなプログラムがあるようになかなか1度では検品できません。
この繰り返してしまうプログラムを書き換えていく。これが克服へ必要な作業だと私は考えています。

その潜在意識を書き換えるのに必要なものとは?

 

私は克服する為に私が思う有効な手段は先程も少し触れましたが、『考え方の書き換え』作業だと思います。

行動療法もその一種だと思いますが、非常に忍耐力とストレスとの戦いになってきます。

私も何度かチャレンジした事がありましたが、なかなか思うような結果に繋がりませんでした。

 

今考えれば『行動→考え方を変えていく』と言う行動が合わなかったのだと思います。

ならば元々の考え方を書き換えて再認識させていったほうが効率的だと思いますし、考え方や感じ方に問題があるのだから行動ではなく、考え方を学んだほうが私はベストだと考えています。

 

こういった考え方や知識をまとめた改善方法を詳しく知りたい方は

 

本田式・強迫性障害改善プログラムで紹介させていただいています。私もこの考え方がベースなので非常に参考になると思います。

関連ページ

どう攻略していく?強迫性障害への考え方
強迫性障害を克服する際にまずはどう攻略していけばいいのか?考え方を学んでみよう!
私が強迫性障害克服で心がけた3つのポイント
私が強迫性障害を克服していく過程で心がけたポイントを解説しています。すごく簡単で単純ですが心がけるだけでも効果があります!
潔癖不安を改善する方法とは具体的にどうするのか?
手が擦り切れるまで洗う事がやめられないのを改善したい人が同対策をすればいいのか解説しています。
神経が磨り減る感覚はもう必要ない!
溢れた情報に流されない!必要なのはコレだ!
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
中途半端が嫌いな特性を利用しよう
セロトニンが不足は結果論でしかない。
認識の書き換えとは何か?
私が強迫性障害克服には絶対「認識の書き換え」が必須と考えます。実際どのようなものなのか詳しく解説しています。
改善した後の大きな違い。
強迫性障害を改善すると周りをどう見れるようになるのか?どう生活が変わるのか?実際に感じた事を綴っています。
一般的な方法で解決出来ないから探し続ける
投薬治療、カウンセリング、サプリメント。色々試してみたけど良くならない・・・。一番効果の高い方法を忘れていませんか?
時間の価値を知ると克服したくなる
確認作業や不安の打ち消す時間って本当に必要ですか?この時間は1日にどれ位?1年で?これを知れば1日でも早く克服しようと思えますよ!
確認作業を抑制する便利なスマホの使い方
繰り返し確認するのは非常に疲れます。でも止められないからいいアイディアは?私はスマホを使って確認作業を抑制しました!詳しい内容はこちら!
あなたがが変われないのは○○だから
強迫性障害に関する商材やサプリメントなどを購入して実践や検証、評価を行なって私のノウハウとともに紹介していきます。
強迫性障害は治らないって聞いたけど?
強迫性障害は治らないって聞いたけどホント?確かに治りにくいのかもしれません。克服した管理人の現在の症状も含め私なりに解説していきます。
克服への近道は「自分を知る」という事
強迫性障害の克服には「認識の書き換え」を私は訴えていますが、もっとシンプルに言ってしまえば「自分を知る」という事です。どういう事なのか解説します。
結果「強迫性障害」を克服させるのは考え方である
医療機関やカウンセリングにも言える事なのですが、強迫性障害を克服するには考え方なのです。管理人の考察はこちらです。
重症を知らないから危機感が薄い?
強迫性障害の重症がどのようなものなのか知っていますか?重症になってからでは遅すぎる!知識を得て症状が軽いうちに克服しましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ