強迫性障害の克服を目指す為にカウンセラーは吟味しよう

心理カウンセラーという看板はウソ?

 

心理カウンセラーは「自称」でも開業可能。

意外とみなさんが知らない事実なんですが、実はカウンセラーと開業する為に必要な資格というのは我が国には存在しません。最もメジャー資格としては臨床心理士ですがこの資格を持っていなくてもカウンセラーとして開業できるのです。
実は有名なカウンセラーの心屋心之介さんもカウンセラーの公的資格は取得していないそうです。テレビや書籍などで活躍される方ですので意外と思った方も多いのではないでしょうか?

 

商売として開業するのだから公的資格が必要な気もしますが、日本の法律では存在しませんので誰でもなれてしまうという訳です。カウンセリングを始めるには基本的な知識として勉強し取得するのもいいと思いますが、裏を返せば儲けとリスクを考えるのであれば通信教育で基本的なカウンセリングの勉強をしただけで経験もないのに自称カウンセラーにもなれてしまう訳です。実際こういった方も沢山いらっしゃると思います。

 

資格も要らない、事務所も必要ない、そろえる道具も必要ない。あとは相談に乗って謝礼としてお金を貰うので粗利が凄いですよね。こういった事を考えるとSNSなどで色々なジャンルのカウンセラーがコンタクトを取ってきたり宣伝したりするのも納得できたりします。SNSなら宣伝費も広告費もかかりませんからね。実績がなくても関係するような取得した資格の名前をズラズラと並べているだけで根拠もないのに凄そうな感じや改善してくれるような気がしない訳でもないですが・・・私の基準では売り込んでくるカウンセラーはロクなカウンセリングは出来ませんので無視しましょう。(笑)

 

こういった事実を知ってしまうと本当に何を基準にカウンセラーを選んだ方がいいのか分からなくなります。過去にもカウンセリング関連の記事をいくつか書いていますが、私は強迫性障害で本当に悩んでいる方々が悪質カウンセラーの食い物にされるのが本当に許せないです。実際私は被害にあった事がありますし、信じていた人に裏切られる感覚や食い物にされていると気付いた時の絶望感は耐え難いものです。

本当に頼りに出来るのは「口コミ」と「実績」だけ。

「うつ病や不安障害など様々な精神疾患を改善できる実績があります!」って自分で書いてるカウンセラーもいますが私はあまり選びたくないですね。自称カウンセラー、自称の実績など信頼できる根拠が何もありません。私がこういった場合は基本的に口コミを確認してからアクションを起こすようにしています。信頼できるのは「口コミ」と「実績」です。私の言う実績も口コミから拾い上げた実績ですので自称の実績を信じるという訳ではありません。少し分かりにくいので解説していきます。

 

例えば虫歯で良い歯医者さんを探しているとしましょう。知り合いや近所の方におすすめを聞いてから予約する方もいらっしゃると思います。ですが口コミサイトや歯医者さんのホームページを一度探してみてから予約したりしませんか?
ホームページの「治療の痛みもなく綺麗に治療する実績があります!」という謳い文句と口コミサイトの「治療してもらったけど違うところの治療をされて詰め物もすぐ取れてしまった」というコメントが多いならどちらを信頼するでしょうか?

 

出来ればリスクや不快な思いを避けたいのが普通ですので口コミサイトでしょう。口コミサイトは匿名性が高いので自作自演もありますが、信頼性の高い感想が多いです。これはカウンセラーを選ぶ際にも重要な事で口コミや感想などから吟味する必要があります。評判も分かりますし、どのジャンルに特化しているかなども確認できるので口コミサイトを活用し、予約する前に是非チェックしてみると失敗のリスクを下げる事が出来るのでじっくり選びましょう。

 

 

 

関連ページ

劣悪カウンセラーの『養分』にならない為には?
売り込みの酷いカウンセリングは信用しない。
世の中には患者さんの困っている事より商売を優先し続けるカウンセラーも存在します。どんなカウンセラーにこのような傾向が強いのか解説しています。
強迫性障害に効くマインドフルネスとは
強迫性障害を克服する為にマインドフルネスという心理療法があります。マインドフルネスとは何なのか解説していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ