強迫性障害の克服・商材、サプリメントの購入後のレビューや評価、検証

急に起こる頭痛を対処しよう!

 

身近で不快な頭痛に悩んでいませんか?

以前にも強迫性障害と頭痛の関係は書きましたが、身近に起こる体調不良の頭痛は本当に不快ですし、気力も萎えてしまいませんか?実は頭痛で日本では約3000万人も悩んでいる方がいるという統計もあり、原因は様々ですが出来れば回避したい症状ですがなかなか上手く対処出来ないで悩んでいると言う方も多いのではないでしょうか?

 

突然起こる頭痛を『片頭痛』と表現する事が日常的に良くある話ですが、実は突然起こる頭痛の多くは2種類あって『片頭痛』と『緊張型頭痛』というものに分類する事ができます。どちらも頭痛だから対処法も同じと思ってしまいますが、まったくの正反対で間違った対処をすると余計に悪化してしまう場合も少なくありません。

 

自分の頭痛はどのタイプなのかしっかり把握する事で酷くなる前に抑える事も出来るようになります。ですが注意したい事は頭痛でも命に関わる場合はあるので酷い場合は医療機関で一度診察してもらう事をお勧めします。
今では『頭痛内科』という専門の医師も存在しますのでお悩みの方は是非身近に頭痛内科があるかどうか調べてみるのもいいでしょう。

 

では先程の『片頭痛』と『緊張型頭痛』の違いを確認してみましょう。

 

痛みの原因は『血管』と『筋肉』

片頭痛の原因は『脳の血管の拡張』

脳の血管が拡張してしまう理由といわれているのは・・・

 

・心身のストレス
・質の悪い睡眠(寝不足、寝過ぎなど)
・女性ホルモンの変動
・空腹
・疲労
・強い刺激(光や音)

 

などが原因といわれています。私は強迫性障害だった頃に心身的なストレスはもちろんありましたし、睡眠不足もなかなか寝付けない、途中で起きてしまうなどかなり質が悪かったので片頭痛も頻繁に起こっていました。
血管が広がると頭痛が起きるというのが不思議ですが、広がると血管の周りの神経を刺激してしまい、その刺激で発生する炎症物質がさらに拡張を促してしまい片頭痛が起こってしまうのが頭痛の原因になってきます。
どんな感じで痛むのかと言うと、こめかみから目の付近で脈打つようにズキンズキンと痛む感じです。字では『片』と書いていますが片側だけ症状が表れる人もいれば両側痛くなる方もいらっしゃいます。他にも吐き気や下痢なども伴う場合があるので非常に厄介です。
さらに周期的に痛みが続いたり症状が起こったりします。それと症状が出ている場合に環境に非常に敏感になってしまう事も特徴のひとつです。(光や音、湿度、気温など)

 

 

緊張型頭痛の原因は『頭の周りの筋肉が緊張して起こる』

頭の周りの筋肉で代表されるのは『肩こり』でしょうか。目の疲れやだるさとともに頭痛が起こるのは緊張型頭痛の特徴です。夕方など目を使ったり緊張するような作業を行なった際に表れやすいです。
痛みの特徴としては頭が締め付けられるような感覚といえばいいでしょうか、片頭痛とはまた違った痛み方になります。
吐き気や下痢などの症状もありませんが数時間で納まる人もいれば数ヶ月痛みが続いてしまうケースも報告されています。

 

 

 

それだけじゃ分からない!どうやって判断するの?

『片頭痛』と『緊張型頭痛』の違いはお分かりいただけたかと思いますが、なかなか見分けがつかないのも良くある話です。ではどうやって特定していくか、また予防法なども詳しく書いていきます。

 

頭痛が起きた日の記録をとってみる。

意外とこれはメモしておくと原因が特定できるので自分の頭痛の種類が何なのか判断しやすくなります。起きた日はどのくらい寝たのか、どんな環境で頭痛が起こったのかを記入してみると自分が頭痛が起こりやすい環境や体質が掴めてくるはずです。だんだんと特定できてくるようになったら出来るだけ頭痛が起きた環境を避ければ頭痛も起こりにくくなります。

 

起きてしまったら偏頭痛は冷やす、緊張型頭痛は温める。

片頭痛の原因は血管の拡張ですので冷やして血管を収縮させてあげると効果がありますが、間違えて温めてしまうと血行がよくなりますので悪化してしまいます。一方緊張型頭痛の場合は筋肉の緊張して血行がわるくなりますので温めてあげてマッサージをすると効果があります。

 

片頭痛対処の裏技!カフェインを適量取ってみる!

コーヒーや緑茶などカフェインが含まれている飲み物は血管を収縮させる効果があるので飲むと楽になったりする場合があります。ですが過剰摂取は良くないので適量飲むのがいいです!

頭痛は酷くなる前に対処するのが酷くならないコツです!

頭痛が起こりやすい人は『頭痛薬』を常備している方が多いですが頭痛が酷くなってから頭痛薬を服用されていませんか?頭痛薬に頼りたくないから出来るだけ我慢する場合も多いですが、結局痛くなって不快な思いをする場合が多くありませんか?

 

頭痛薬は痛くなり始めに飲むと効果的です!

 

頭痛薬は鎮痛剤ですが、痛みがピークの時に飲むよりピークになる前に飲むほうが緩和できます。これは私が頭痛内科に通ったことがあるのですが、その時に先生に教わりました。飲み方を帰ることによって緩和できるというのを始めて知りました。いつも酷くなってしまう方は是非試してみてください!

関連ページ

偏頭痛でお悩みではありませんか?
強迫性障害の方は意外と片頭痛を起こしやすいのですが、何故片頭痛が起こりやすいのか解説します。
身体醜形障害が急増中。
身体醜形障害は一種の強迫性障害の症状です。何故最近増えてきているのか解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ