強迫性障害の克服・商材、サプリメントの購入後のレビューや評価、検証

『ナチュラリープラス』消費者庁が業務停止命令

 

水素水やサプリメントが万病に効くわけがない!さらにマルチ商法も?

健康食品スーパー・ルテインや清涼飲料水IZUMIO(イズミオ)などを販売しているナチュラリープラスに対し、消費者庁が一部業務の9か月間の業務停止命令を発令しました。何故業務停止命令になったかというと勧誘目的等不明示、商品の効能に関する不実告知、重要事項不告知、特定利益に関する不実告知、公衆の出入りしない場所での勧誘、迷惑勧誘の違法行為が発覚したためにこのような事態となったようです。

 

ナチュラリープラスは過去に消費者庁が約一年前にも、消費者庁が立ち入り調査を実施していて問題のある勧誘行為が改善したとは言い難いとして、今回の一部業務停止が決まったそうですが、癌や万病に効くようなウソの説明をし販売をしていたようですし、さらには誰かに紹介すればキックバックするといったマルチ商法を行っていたとのことです。
もちろん消費者センターにも相談が3年間で600件ほど寄せられていたらしく契約書を見せてもらえない、人が少ないところに呼び出されて勧誘されたなどこのような相談が相次いだため調査を行っていてこのような結果に結びついたようですが酷い話ですね。

 

参考記事>>特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令(9か月)及び指示について

 

サプリメントや水素水で病気が治るといった事は夢のような話ですが、健康食品なのでまずあり得ません。ですが、病気や悩み事で多くの方が藁をもすがる思いで治したいと思っているのも事実でしょう。しかも販売しているナチュラリープラスはこの業界では大手にはいるのではないでしょうか?だからこそ消費する側も信じてしまう傾向にあるのかもしれません。

 

私も多くのサプリメントを利用してきましたが病気や困った症状が良くなると言われたら試してみたくなる気持ちになりますが、しっかりと成分などしっかり調べた上で購入しています。安易に〇〇に効くといったサプリメントは少し疑ったほうがこういったトラブルに巻き込まれないポイントです。インターネットで口コミやレビューなども参考にするとより一層そのサプリメントに対して見極めることができるので購入する前に一度目を通して考えてみる事が重要です。
消費者の私たちもこういった商品が出回っているという事実を受け止めて被害にあわないように見極めていきましょう。

 

 

関連ページ

海外セレブにステータス扱いされているという強迫性障害
強迫性障害はセレブの間で何故ステータス扱いされているのか?こんなに苦しい病気がステータスになってしまう秘密とは?
精神科医の香山リカ氏『保育園に落ちたのは私だ』

ホーム RSS購読 サイトマップ