強迫性障害の克服・商材、サプリメントの購入後のレビューや評価、検証

SSRIって太るのはホント?

 

なかなか痩せないと思ったらこういう事だった。

SSRIは太るという話を聞いたことはありませんか?SSRIは昔の抗うつ剤に比べて副作用が少ないといわれていますがお薬ですから副作用があるのは仕方ないことなのでしょうが、まさか『体重の増加』するとは思いませんでした。SSRIも種類がいくつかありますが私は『パキシル』を長期に渡り服用した経歴があります。

 

実はパキシルはSSRIの中でも太りやすいといわれているお薬です。実際私も経験したのですが、服用期間は外に出歩く事もできませんでしたし、食べることも普通に出来ていましたので単純に運動不足なのかな?と解釈していたんですが、だんだん体調がよくなるにつれ外にも出歩くようになりましたが、体重は一向に変わらずこれ以上はさすがにヤバいと思ったのでダイエットを始めたのですが・・・2〜3キロ程体重は落ちるもののそれ以上に体重は落ちることはありませんでした。

 

もうちょっとハードな運動をしようかなと思ってきた頃にSSRIの摂取量も医師の方針で減量し始めたのですが特に今までと生活習慣も変えず5キロも体重が落ちたという結果になり、心配になって医師に相談したところ
『SSRIの副作用の可能性が高いですね』との回答がありました。

 

太るというのはなかなか抵抗がありますね。私はその事実を知らないで服用していましたから体重の増加と減少の波にはかなり焦りました。こういった事実を知ってしまうとSSRIに抵抗を覚えてしまう人も少なくないのではないでしょうか?

 

SSRIの中でも太りにくい、太りやすいがあるの?

私は『パキシル』を服用して体重が増加しましたが、他のSSRIも体重は増加するのでしょうか?
答えは『少なからず体重が増加してしまう副作用はある』ようです。中でもパキシルは一番体重が増える副作用があるようですが他の副作用と同様に個人差がありますのでSSRIを服用し始めて体重増加してしまったら医師に相談してお薬を変えてもらうのもいいと思いますが、根本は『強迫性障害の治療』ですから慎重に選ぶようにしましょう。

 

抗うつ剤の種類は沢山ありますが、全体的に『太る』という副作用が多い気がします。絶対太りたくないと思う方もいらっしゃると思います。こういった場合は『漢方薬』を活用してみてはいかがでしょうか?心療内科の中では漢方薬を処方してくれるお医者さんもいらっしゃいますので探してみてください。

 

太る理由は『代謝抑制作用』と『抗ヒスタミン作用』

太ってしまうのはセロトニンの影響もあると考えられていますが主に考えられる理由は2つあります。

 

・代謝抑制作用

 

これは読んで字の如くなのですが代謝を抑制する作用があります。気分を安定させる作用なのですが、一方では代謝を抑制してしまう作用ですので脂肪が燃焼しにくくなり体重が増加してしまいます。

 

・抗ヒスタミン作用

 

ヒスタミンは食欲を抑える作用がある物質なのですが抗ヒスタミンですのでその逆です。食欲が増してしまうんですね。抗ヒスタミン作用は多くの抗うつ剤に含まれることが多いのでこういった食欲増加で体重が増えてしまう可能性があります。

 

 

こういったSSRIの作用が『太る』というところに結びついているようなのですが、体質もかなり左右するようですので『太らない』人も中にはいるようですので、実際は飲んでみないと分からないというのが結論のような気がします。
私は副作用で太ってしまいましたが、薬を減らしていく事に対して比例して体重も落ちていきましたので薬を飲んでいる時の一時的なものでしたのであまり心配する必要もないかもしれませんが、こういった副作用もあることを頭に入れておくだけでも対処しやすくなるので覚えておいてくださいね。

 

関連ページ

放っておくと重症化し、合併症まで引き起こす強迫性障害。
強迫性障害はそのままでは必ず悪化します!何故悪化してしまうのか?どう対策すればいいのか解説しています。
心療内科は敷居が高い?その壁を乗り越えよう!
初めて心療内科に行くときは何故か心構えが必要な気がしますが、実はこんな所なんです。これから病院に行こうか悩んでいる方には必見です。
SSRIだけで強迫性障害は治るのか?
病院に行ってお薬をもらっているから治ると思っていませんか?良くなったように見えても実は・・・
絶望的な再発率とその対策は?
強迫性障害で怖いのは重症化と再発です。特に再発率は非常に高い確率です。再発をどうやって対策するべきなのか説明しています。
強迫性障害やうつ病に処方するSSRIって本当はプラセボ効果!?
心療内科で処方されるSSRIがプラセボ効果とあまり変わらないという事実を知っていますか?これを読んだら投薬治療の見方が変わりますよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ